2008年04月27日

今しか見られない風景

じゃじゃーん 「お宝写真」一挙公開         2枚きりだけど
身延本山DSCN5128-1.JPG
あにがぁ じゃじゃ〜んでい! とお思いでしょうが  何を隠そうコレが実にじゃじゃ〜んなのだ。
畏れ多くも此処は日蓮宗総本山は久遠寺境内!! しかも眼下に祖師堂だかんね!
こりゃあなんぼなんでもなんだっぺよ〜。 バチ当りがぁと思いつつも二度とは撮れないのをパチリ。
ただ今工事中の五重塔の最上層屋根から見た久遠寺全景だもんねぇ。 

三月中旬、身延町みちしるべの会主催の「今しか見られない久遠寺五重塔・内部見学ツアー」に参加。
130年ぶりに再建なる今度の塔は3代目とかで、元和五(1619)創建の初代五重塔を復元建立で総高38.2mだそうな。
江戸時代初期の形式ではあるが、心柱が礎石の上に立つとか側柱と垂木の架構法など構造手法に古式を継承しているらしいのであるが・・・・・・・・ちょっと見たってわがんね。
なにしろ塔を建ててるのは日本の至宝・創立1400年という世界最古の会社「金剛組」のお出まし。
五重塔DSCN5129-1.JPG屋根は銅板の本瓦葺き(風)。元和建立の初代塔婆の屋根は橡(とち)葺きor柾葺きのような板葺き屋根の中でも高級な仕上げだったろうと言うてます。
 漆も大量に使うだろうけど、露出する木部は桧、欅は弁柄と油脂を混ぜた塗料で赤く塗り込めるそうだ。これから最終仕上げ工事にかかるので一般の見学は今回でお仕舞い。
この五重塔は基壇の内部に最新の免震機構を備えているのだけれど、一方では1400年の伝統が築き上げた多層塔木造免震構法があるのであるから、・・・・・その折り合いってのはどうなんだか?
モノの耐久性はステンレス金属といえども木材の方が遥かに永持ちなんだけどねえ。
まっ100年先には判ることですがね
まずは五重塔をスッポリと覆う仮設鞘小屋が取り払われる本年11月の竣工をお楽しみに待たれよ!

みなさん知ってました? 
五重塔ってお釈迦様の遺骨を納める舎利塔、卒塔婆(ストゥーパ)だってこと。
だからむやみやたらに写真を撮っちゃいけないんですよ。塔に向いて心静かに合掌ですから。



付録
火付盗賊改方長官「鬼平」こと長谷川平蔵 実は谷啓の先祖だった。
 鬼平版ガチョ〜ン
posted by ヒコベエ at 01:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 近郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

こんな景勝地があったとは

DSCN1996lA.JPG
初めて訪れた湖の景色に感動して、湖畔のベンチにて一句
「正座して 緑のたぬきが出来る間に あっ足がシビレンコ」

という訳で此処は「四尾連湖(シビレコ)」。
市街から坂道を延々と登りに登って標高870m、行き止まりの林間に有料駐車場が待ってました。400円払ってそこから徒歩1分、ドーンと視界が開いて出現したのは、まるで箱庭のように一望できる小さくまあるい湖と周囲の山々です。  カルデラ湖かな?。
湖畔に2軒の山荘があり、湖畔を一周するするのに20分足らず。水清く周囲の自然環境の保全に相当力を入れているようです。

DSCN1994qLKGq.JPG遊歩道の岸辺で異様なもの発見。
孵化して間もない幾千匹ものオタマジャクシの群でした。山荘の主人に聞いたところヒキガエルの子だそうです。

此処の自然環境を保存するには、知る人ぞ知る景勝地ということで積極的に広報しない方が良いかもしれんなー。

「と言いつつ勝手にブログに載っけてるじゃねーか」って鋭い突っ込みが・・・・・・
マーマーそこはそれ超マイナーブログを自認するのもナンなんですが、世間への影響は少ないと思いますんでご勘弁を。

それでもあえて言っときますが、仮にもですよ当ブログを見て「四尾連湖へ行ってみよう」なんて悪気を起こしちゃいけません、シビレますから。
posted by ヒコベエ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。