2008年04月27日

今しか見られない風景

じゃじゃーん 「お宝写真」一挙公開         2枚きりだけど
身延本山DSCN5128-1.JPG
あにがぁ じゃじゃ〜んでい! とお思いでしょうが  何を隠そうコレが実にじゃじゃ〜んなのだ。
畏れ多くも此処は日蓮宗総本山は久遠寺境内!! しかも眼下に祖師堂だかんね!
こりゃあなんぼなんでもなんだっぺよ〜。 バチ当りがぁと思いつつも二度とは撮れないのをパチリ。
ただ今工事中の五重塔の最上層屋根から見た久遠寺全景だもんねぇ。 

三月中旬、身延町みちしるべの会主催の「今しか見られない久遠寺五重塔・内部見学ツアー」に参加。
130年ぶりに再建なる今度の塔は3代目とかで、元和五(1619)創建の初代五重塔を復元建立で総高38.2mだそうな。
江戸時代初期の形式ではあるが、心柱が礎石の上に立つとか側柱と垂木の架構法など構造手法に古式を継承しているらしいのであるが・・・・・・・・ちょっと見たってわがんね。
なにしろ塔を建ててるのは日本の至宝・創立1400年という世界最古の会社「金剛組」のお出まし。
五重塔DSCN5129-1.JPG屋根は銅板の本瓦葺き(風)。元和建立の初代塔婆の屋根は橡(とち)葺きor柾葺きのような板葺き屋根の中でも高級な仕上げだったろうと言うてます。
 漆も大量に使うだろうけど、露出する木部は桧、欅は弁柄と油脂を混ぜた塗料で赤く塗り込めるそうだ。これから最終仕上げ工事にかかるので一般の見学は今回でお仕舞い。
この五重塔は基壇の内部に最新の免震機構を備えているのだけれど、一方では1400年の伝統が築き上げた多層塔木造免震構法があるのであるから、・・・・・その折り合いってのはどうなんだか?
モノの耐久性はステンレス金属といえども木材の方が遥かに永持ちなんだけどねえ。
まっ100年先には判ることですがね
まずは五重塔をスッポリと覆う仮設鞘小屋が取り払われる本年11月の竣工をお楽しみに待たれよ!

みなさん知ってました? 
五重塔ってお釈迦様の遺骨を納める舎利塔、卒塔婆(ストゥーパ)だってこと。
だからむやみやたらに写真を撮っちゃいけないんですよ。塔に向いて心静かに合掌ですから。



付録
火付盗賊改方長官「鬼平」こと長谷川平蔵 実は谷啓の先祖だった。
 鬼平版ガチョ〜ン
【関連する記事】
posted by ヒコベエ at 01:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 近郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2枚と言わず、「じゃんじゃん」お願いします。

38.2メートルですか。12〜13階建て並ですね。すごい。五重塔にはもともと制震機構が備わっているとのこと、更に+免震ですか・・・。「念には念を」ですかね。
Posted by いいんちょう at 2008年04月29日 10:14
11月14日(金)久遠寺五重塔を訪れる予定です。日光の東照宮みたいな派手な塗装はしてないのでしょうね。茶色の薄い色とか?

湖東三山の長命寺のような色ですか?
Posted by Kaoru Alien Nishiyama at 2008年09月24日 22:43
>鋭理庵さん
HP拝見してビックリ、日本中の仏塔を撮影しているんですか?とても良い写真ですね。
久遠寺の五重塔は一寸沈んだ朱色かと思いますが、軒先の化粧は?ですが多分派手になるのかなと想像してます。お出かけついでに近くの本遠寺に立ち寄ってみてください。重文の本堂が江戸初期の桧皮葺に復元成ったばかりです。当時紀州藩の係わりが推定され、黒漆塗りの破風などから江戸武家文化の影響が伺えます。
Posted by ヒコベエ at 2008年09月26日 00:25
10月31日に赤沢宿と久遠寺・五重塔へ11月14日を待てずに行ってきました。赤沢宿って、山の中にあるのでね。江戸屋旅籠の傍を通り、狭い道をくねくね行ったら、お寺の屋根を銅版で修理してました。久遠寺・五重塔は茶色の濃い色(私は赤緑色弱なので)に見えました。でも殆どの層塔は建立当時は色彩が施され、現在はそれが劣化して無垢になっていると、友人が教えてくれました。帰りに奈良田から丸山林道経由で甲府に抜け横浜からのロングドライブになってしまいました。来週又、久遠寺・五重塔を訪れます。
Posted by 鋭理庵 at 2008年11月06日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94822095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。