2008年02月02日

山駕籠

えびす屋山駕籠B-1コピー.JPG

えびす屋山駕籠A-1コピー.JPG
「日本一高い乗り物」パートUです。
二枚とも七面山への登拝記念写真である。背景に鉄骨製の羽衣橋が写っているので、戦後間もない頃の写真らしい。
上段の写真に写っている和服姿の女性は宗教者(俗にいうオガミヤさん)であろうか、着物の着こなしが現代とはよほど違っているのが目につく。裾廻りを広くゆったりとした着付けは着物が日常着だった時代を感じさせてくれる。
 2枚の写真とも山駕籠を二点で担いでいるのにビックリ!!
現代は四点プラス予備1名の五人がかりなのだから。しかも戦後当時の人たちの体躯と比べたら現代人の方がはるかに大きく体力も勝っているはずなのだが・・・・・?  
 この写真を見る限り、牛豚肉海老フリャー食より芋根菜雑穀食の方が勝ってたと思わざるを得ない。ってことは当時国を挙げて取り組んだ食生活改善運動は今いっぺん見直し改善運動が必要なのかも。

               2枚の写真はえびすや旅館所蔵より。
【関連する記事】
posted by ヒコベエ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 七面山と信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81946993
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。