2007年05月06日

修景の前後

si?5.10.jpg

s95.4.18k.jpg桜の花の次は桃の季節ですね。
中央道から見る一ノ宮のピンクの花絨毯は日本一の桃に産地にふさわしい景色です。ならば、赤沢の桃花は「利休が秀吉のために草庵に活けた一輪の朝顔」に匹敵するやも知れません・・・・・・・・・・・・・一寸無理があり過ぎか。

今年の赤沢の桜は大半がつぼみのうちに食べられてしまい、開花時は情けない有様でした。誰が食べたかって?  ウソだそうです。いやホントに、ウソのような・・・・・・・・・ではなくホントの話。
昨秋は山の成り物が少なかったようで、猪や鹿やら猿が集落内を荒らす様子は、まるで「七人の侍」に出てくる野盗の群れです。
赤沢にも侍が3人居るんですがね、皆仕事で忙しい人ばかりでいわゆる日曜侍なわけです。獣連中も学習してて、日曜は休日にすべえってどっかへ出かけちゃうんですねぇ。

何の話だったっけ・・・・・そうそう桜のつぼみを食べたヤツね、ヤロメの詳しいことは知んねけど「ウソ」っていう野鳥なんだそうです。近在の三里地区にある「野鳥公園」では猿がつぼみを食べてる姿が目撃されてるようなので、獣ばかりか野鳥の餌になる実も極端に少なかったためらしいのです。

追伸:
誰が名付けたか?赤沢宿の銀座通り(言わないって)、石畳の坂道をつづれ折に下りていくと黒松の濃い緑と鮮やかな桃の花に出会えます。
posted by ヒコベエ at 02:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前鷽は山にしかいなかったのに今年は都会(外れてる?)の「鷽換え神事」で有名な亀戸天神や水元公園にも来たんだよ。
私も水元公園で撮ったもんね。
ぼりぼり桜の蕾を食べる音まで聞こえた。

そろそろ自然が人間に逆襲を始めたのかな。
お偉方の不祥事を「嘘」にしてくれるなら良いが。お偉方の公約を「嘘だ〜」とあざ笑ってるのかな。
Posted by ぴらちゃん at 2007年05月08日 12:26
「野鳥公園」のmasaです。今年のウソの食害についてですね。
今年の山は大飢饉だったらしく、野鳥公園のウソはまだまだ硬い花芽を1月中頃から食べに来ていました。いくら桜の花芽が好きでも、普段なら3月に入る頃、大きく膨らんだ花芽を食べていくくらいなのですが・・・
それくらい山にエサがなかったということなので、今年くらいは多めに見てください。
北朝鮮の食糧不足も気になるところかもしれませんが、実はもっと身近なところでとても大変な問題が起きていたことに、多くの方が気付いてくれるとありがたいのですが。
Posted by masa at 2007年05月10日 16:41
今朝の朝日新聞大きく紹介されてましたよ
もちろん赤沢が。
山梨版のところなのでひこべえさんは知らないでしょうから一応報告しておきます。
山梨のマチュピチュって書かれてました。
・・・僕の中では山梨のマチュピチュは別にあるのに。
Posted by ちゃま at 2007年05月11日 08:22
ちょっくらサボってるうちに、こがい大勢の方々からコメントもらっちゃいましてありがとうごぜえます。いやどおもゴメンっト。
>ぴらちゃんさま、masasama なんだかウソっぽいようですが、東京にもウソが居るんですのう。赤沢では昨春筍が豊作でした。前年にカイセンダニの発生により猪の数が減ったらしいのです。平年なら猪が一足早く収穫してしまい、後から出た筍を人が食べるというのが常でしたから。
一方柿の実は昨秋ほとんど成りませんでしたね、その前数年は豊作だったんですが。
 遠くから見る新緑の美しい山々の内側で今何が起こっているのだろう?ダニや山ヒルが大量発生する現象などは、地球温暖化の影響ばかりでなく、管理されなくなった山林植生の変化が野生動物の生態系に影響しているのではないでしょうか。とても大きな課題を突きつけられている気がします。
>ちゃまさま 情報ありがとうごぜますだ。天下の朝日新聞が赤沢を取り上げるなんてありがたいことです。が、どういう風の吹き回しでしょうね。http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000130705110001
Posted by ヒコベエ at 2007年05月13日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。