2007年02月14日

続続・便所がおもしろい

wc-8.JPG
六尺四方の壁を石積みと粘土で固めた大きな便槽の上に、かつては切妻屋根を被っていた平入り型の便所ユニットが乗っています、入口は開放になっていて、踏込みから一段高い床の袖壁に各々板ドアが付きます。
現在は屋敷への導入斜路(コンクリート路盤)の下にひっそりと納まって物置に代用されています。というのは、赤沢地区は平成2年に集落下水道が完備されて、以後急速に主屋内型の水洗便所に切り替わったために、従来の汲み取り式の外便所は使われなくなりました。

wc-10.JPG
これ良いでしょう、元々屋根が付いて無い便所ユニットの例です。主屋に付属する納屋の一隅に設置されていました。人目に触れない場所にあって、腰板の高さも三尺ほど、山々の景色を堪能しつつ開放感に浸りながら用をたすことができますね。     贅沢?です。
posted by ヒコベエ at 01:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 便 所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
このトイレ、本日見てきました。
赤沢に伺ったのは初めてでしたが、
期待通り、風情のある町でした。

今日は、混んでましたねぇ
人の多さにもビックリの一日でした。
ありがとうございました
Posted by 甲府人 at 2007年02月26日 01:03
こんにちわ。はじめまして。
昨日、赤沢宿を訪ねました。
1年に何回か訪れる、
ボクにとっては癒しの場でもあります。
山々に囲まれた古い家並み、
そしてフクジュソウやセツブンソウ・・、
そして何よりもたくさんの方がお声を掛けてくださり、とてもうれしく思いました。
ありがとうございました。
これからもよしくお願いいたします。
こちらも昨日の記事をアップさせて頂きます。
Posted by littlealps4383 at 2007年02月26日 09:10
甲府人さん、littlealpsさんコメントおありがとうごぜえますだ。美しい写真を撮っていただき、花々も草葉の陰できっと喜んでると思います。こんだぁ新緑を食べに来てくださいませ。4月(今年は3月かも)には山菜がワンサカ出ますからね。
Posted by ヒコベエ at 2007年02月28日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33628655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。