2007年02月04日

雄滝・雌滝も暖冬です

雌滝(めたき)
metaki1197.jpg 衣橋雌滝-1.JPG
2007年1月20日     2006年1月20日

雄滝(おたき
otaki1201-2.jpg    雄滝-1.JPG
2007年1月20日     2006年1月20日

例年なら春木川渓谷は滝が結氷する時期ですが、今期は暖かくて冬らしい景色が見られません。七面山登山口の羽衣橋脇にあります雌滝は、登拝前に身を清める滝で、江戸初期に女人禁制を解いた「お万さま」の銅像が建っています。お万の方(養珠院)は家康の側室で、徳川御三家・紀州藩と水戸藩初代のご母堂ですが、水戸黄門(光圀)のおばあちゃんといった方が判りやすいでしょうか。菩提寺はJR身延駅の富士川対岸に位置する大野山本遠寺(ほんのんじ)。国重要文化財の本堂は只今大掛かりな復元修理中ですが今年度中に完成するそうです。

雄滝は雌滝の300mほど上流にあり水量も豊かですが、弁天堂の裏手にあって望見できません。そのことがかえって霊験あらたかな神秘性を保っています。昨年お堂が修復され、がけ下の歩道も整備されたので、より身近な存在になりました。
みなさんも是非この双竜の滝に打たれて、幾百の煩悩にまみれた日頃の生活の垢を洗い清めてはいかがでしょうか。(行着を貸してくれる脱衣所完備)
posted by ヒコベエ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然環境と景観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。