2007年01月30日

至急電報「フクジュソウサイタ」

hukuju1.28.1273-1.JPG

hukuju1.29.1347-1.JPG

2007年1月28日赤沢発「福寿草の開花」第一報です
良く晴れた日曜日の朝10時、石畳を下りてきたご夫婦に出会いました。「甲府から福寿草を見に来たけれどまだ咲いてませんでした」と残念そう。しばし雑談して別れた後、集落内で最も早く開花しそうな場所をグルリと探索したところ、やっぱり咲いてました。それからご夫婦が見に行った寺の裏手の群落自生地には20輪ほどが咲き始めたところです。日差しが強くなって気温も上ってきた正午近くに一斉に咲きだしたようです。あと2時間待てば開花が見られたのにホントに残念でしたねえ。
 只今冬眠中のそば処武蔵屋は2月10日より土日祝日営業します。その頃に再度お出でになるということなので丁度見頃かと思います。

29日(月)には福寿草群落に「節分草」の可憐な白い花が3輪咲きました。通常は節分草が先で、後から福寿草の開花という順序なのですが、今年は逆転しています。しかも福寿草は例年より2週間以上も早い開花でした。
 本日はそば屋の庭下でも福寿草が一斉に咲き始めたのです。
節分草の群落はまだ咲く気配さえありません。しかも鹿か猪が踏み荒らして行った形跡がアリアリ。(こんだクニオさんにゆってシバイてもらーだ!)
   ↑
  (こんだぁクニオさんにゆってシバイてもろーどぉ〜に)
※先日○△□会に顔出したら、「一ヶ所ちごーどぉ」とあちこちから一斉に正しい早川弁のチェックが入ったもんです。これでオラがニセ早川人ってことが白日の下に・・・・・・・・・・っていうかさぁ、ロム専ってズルイじゃん!
みんな早川原人の末裔なのにさ・・・・・・・・・・・・・・・・ブツブツ仏仏仏。

参考まで
hukuju2.20.014-1.JPG
2005年2月20日の赤沢、雪が溶けきらない寒い日でも日本ミツバチが蜜の採取にきてます。
posted by ヒコベエ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。