2006年12月13日

さざんかの宿

sazanka1003.JPG
 

sazanka1005.JPG

むかしむかし♪曇りガラスを手でふいて〜♪なんち曲があったとさ。

さざんか休 受けもせずひとり 留守の宿   沈念ふらふら

野に色彩が乏しくなったこの時期に、ひとりサザンカの薄紅色の花に染めてさびしさをなごませてくれるのである。花びらのひとひらが音も無くひらりひらりと舞い降りる様などもいとおかし。
posted by ヒコベエ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29571324
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。