2006年12月05日

七面山を仰ぎ見つつ“新そば”が旨い

DSCN0030.jpg

そば処「武蔵屋」をご紹介します。
毎週土・日曜日のみ am11:00〜pm3:00の営業です。
平日のお客様はご予約ください。尚、都合により休店することもありますのでお出掛け前に電話でご確認することをお勧めします。

〒409-2733 山梨県南巨摩郡早川町赤沢410番地
そば処「武蔵屋」 電話/fax:0556-45-3117(休みの日は留守)
・・・でありますから
内藤工務店 0556-45-2163(なっちゃん宛)にお電話ください。


江戸の昔より、諸国から七面山参詣に参集するお客様に喜ばれた赤沢蕎麦は江戸に聞こえた(?)名代の蕎麦でした。これが2005年7月についに復活したのです。
山ん中だから「黒い田舎蕎麦食わせるんだろう」って? 
冗談言っちゃいけませんお客様。
マッ アレはアレで野趣があっていいんですがね。
武蔵屋のは“シャッキリしこしこ二八の細打ち麺”ツユは辛口本枯れ節に本膳仕込みと 材料におごってるんですから不味いはずがありません ハイ。
ツユが無くたってね ソバを口の中に放り込んで鼻からフゥーっとやれば、もう首から上がソバの香りで充満しちゃうんですから。
 まあ昔と違うってのは万時が江戸前風のソバが喜ばれるんですが、赤沢流の食べ方に「大根ソバ」や「芹ソバ」というのもあるんです。
運がよければ武蔵屋で賞味できるかも知れません。
 近頃では県外から車で三時間もかけて来てくださる方や二度三度と足を運んでくださるお客様も増えています。

百聞より一食、是非赤沢の蕎麦屋にお出掛けください。
posted by ヒコベエ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいそば処「武蔵屋」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28980424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。