2009年02月10日

フクジュソウ・セツブンソウナカヨクサイタ

09福寿草-1.JPG  09福寿草.JPG
2月1日の撮影ですが、早いところでは1月29日頃には咲き始めたようです。昨年も開花が早かったけれど今年もはやいですねぇ。・・・・・・・・・でもってなぜ2週間遅れの発表かって?
この時期は春の陽射しを受けてあちらこちらで花芽がぐんぐん成長してるんです。
そこにカメラ愛好家が大挙して集まってくると、場所取り競争に夢中になっちゃうんでしょうか?
接写レンズのファインダーに集中するあまり地面に腹ばいになったりするんですから。
貴方の靴の裏や体の下でセツブンソウやフクジュソウが踏みにじられているんですよ〜〜。
だもんで、およそ一面に咲き揃った本日この頃なら広報してもよろしかろうと思いましてんあしからず。

 「私はそんな非常識なことはしません」ナ〜ンておっしゃる貴方!貴方が要注意なんですよ。
車のステアリングとかカメラを持ったりすると、人間かんたんに変貌するんですから。

まっ あれですねぇ 時が時だけに
せっかく赤沢に来たなら、蕎麦でもたぐりながら周囲の景色を愛でる余裕と言いますか、
ゆったりと時の流れを楽しんで欲しいです。
 フクジュソウとセツブンソウは3月初旬まで見ることができます。ごゆっくりどうぞ。
posted by ヒコベエ at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑くなってきましたね〜。

昼はニイニイゼミが鳴き始め、夜はゴマダラスズがヒーンヒーンと鳴いています。・・・赤沢でも、そろそろヒグラシが鳴き始めたのでは・・・。
Posted by いいんちょう at 2009年07月16日 10:10
はじめまして。
赤沢を詳しく紹介してくださっているHPを見つけ、とてもうれしく投稿させて戴いた次第です。
母が赤沢宿出身でして、私も子供の頃はよく赤沢へ行きました。
今も親戚のお見舞いなどで時々身延に行っています。
現在も営業されている旅館は江戸屋さんのみと聞きましたが、歴史ある赤沢宿の名だけでも何処かでしっかりと残さないとご先祖様に申し訳なくて、何かできないものかと考えます。
またHPを訪れますので、時々懐かしい赤沢の様子が見られたらうれしいです。
Posted by 悦湖 at 2009年07月20日 18:22
>いいんちょうさま
福寿草がつい昨日のことだったような気がしていたのですが、世間では梅雨が明けて夏真っ盛りなんですよねー。
 やんわりと新記事催促のプレッシャーをいただきありがとうございます。請うご期待・・・・・・???。

>悦湖さま
赤沢ゆかりの方からコメントをいただき大変うれしいです。
年頭には月一回の更新を・・・いや目標が高すぎました(笑)
間が開いてもボチボチと赤沢を紹介していきますので、折々に拙ブログを覗いてくださいませ。
 赤沢の「そば処」週末の土日のみの営業ですが、是非ぜひ味わってみてください。他所では得る事ができない「感動」がありますよ。
Posted by ひこべえ at 2009年07月22日 00:34
お返事ありがとう御座います。
赤沢の蕎麦処「武蔵屋」さんに今度食べに行ってみようと、母(生れも育ちも赤沢宿)に話してみました。
「昔はうちの旅館でも蕎麦を打ってお客さんに出していて、当時としては貴重な現金収入だったからねえ」
とそっけなく言われてしまいました。
武蔵屋さんは赤沢宿の方々で作っていらっしゃるのですか?
実は、1年半程前の日曜日に武蔵屋さんに行ったのですが、お休みで残念でした。
予約をしておらず、しかも雪の時期でしたので閉まっていたのでしょうね。
角瀬の隣にある俵屋タクシーさんに行くと、私の顔を見たお店の方に
「あれ?〜〜さんとこの女将さんに似てるね??」
と言われたものです。
また武蔵屋さんも訪れてみたいです。
ではまた、HPの更新を楽しみにしております。

Posted by 悦湖 at 2009年07月22日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113966070
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。