2008年06月29日

只今修理中

DSCN5593コピー.JPG     妙福寺破風-0.JPG
只今妙福寺本堂の屋根葺き替え修理中です。
永年の懸案だった本堂の修理がやっと実現し、昨年今年と二年がかりで工事を行っています。


posted by ヒコベエ at 01:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントします!!

以前から、時々訪問させて頂いています。
(読み逃げでしたが・・・)
今日の更新を見てめちゃめちゃ応援したくなりました!!
がんばってください!!!!


Posted by ルカ at 2008年06月30日 19:01
はじめまして
blog読ませてもらいました(^^
もし よければ私のblogもペタしてくださいね♪
Posted by あち at 2008年07月03日 10:17
いつも読ませていただいています。
2年がかりの工事大変ですね。
それでは、また国分寺で。
Posted by いいんちょう at 2008年07月03日 17:09
こんにちは。

7月末に赤沢宿に行くことにしました。

いま、いろいろ調べてスケジュールを立てている所です。

東京は梅雨明け前というのに連日真夏日なので、山梨は涼しいといいなぁ、と思っていますが、どうなんでしょうね。



では。
Posted by fanfanfanne at 2008年07月18日 15:03
>fanfanfanneさま
週末土日にお出かけください。赤沢蕎麦「武蔵屋」では開店3周年記念サービス中なので、お出かけ前に予約電話を入れておくとモアベターです。0556-45-3117
赤沢は下界よりは多少涼しいかも、朝晩はさわやかです。でも日中は暑い、夏ですから。
お薦めは羽衣橋の雌滝と弁天堂の雄滝を訪ねてください。滝に打たれて涼んで尚且つゴリヤクゴリヤク。
Posted by ヒコベエ at 2008年07月19日 00:18
ヒコベエさま

お返事、ありがとうございました。
武蔵屋さん、開店三周年記念サービス中とのことですが、残念ながらお邪魔するのは平日なんです。

母親を連れて行くのですが、赤沢宿まで車で入れますか?町中は普通に歩けますが、山道を長時間歩かせるのはちょっときついと思うので。

ヒコベエさまのお勧めは、羽衣橋の雌滝と弁天堂の雄滝なんですね、さっそく行きかたを調べなくては。

では。
Posted by fanfanfanne at 2008年07月22日 11:58
返事が遅れまして相すみません。
本線の県道から山腹の枝道を2kmほど上ると赤沢宿に着きますが、道幅が狭いので気をつけて来てください。
せっかくの赤沢で蕎麦に会えず・・・なんてかーいそうですね。で、赤沢入り口の角瀬(すみせ)県道沿いに町営レストラン「南アルプスプラザ」がありますので、コーヒーで一服、女将のヤヨイさんと談笑しつつお薦めのランチ以外にもラーメン、ザルラーメン、ヤマメと町産ハムランチもGOODです。
もしお時間が許すなら湯島地区の露天風呂「湯島の湯」
¥500此処は施設も新しいし泉質も◎、の〜んびりできます。


Posted by ヒコベエ at 2008年07月24日 19:10
ヒコベエさま、お返事ありがとうございました。
先日、山梨県の観光案内所に行って早川町の地図を貰ってきました。
赤沢宿には水曜日に行く予定なので南アルプスプラザは定休日のようですね。かわりに「そば処アルプス」というのを見つけました。早川町名物「御殿そば」というのにとても惹かれます。
白籏史朗さんの南アルプス山岳写真館も、と思ったのですが、ここも水曜日定休のようなので今回は見送りです(念のため明日電話で確認しましょう)。

西山温泉の湯島の湯、方向的に同じだし、ちょっと立ち寄っての〜んびりしたいですね。
Posted by fanfanfanne at 2008年07月28日 00:15
はじめまして。時々拝見させていただいております。
6月に初めて久遠寺〜赤沢宿を回りました(観光です)。私は千葉県在住ですが,赤沢の雰囲気がとても気に入りました。

昨日,早朝の赤沢を撮りに行って来ました。妙福寺の修復工事,まだやってるなーと思ったら,2年越しなんですね。工事の人に「おはようございます」と声をかけたら,怪訝そうに挨拶を返してくれましたよ(笑)。

撮った写真を掲載しましたので,ご報告します。
今度は,冬の赤沢を撮りに行きたいです。

撮った写真を掲載し
Posted by ぜんまいねずみ at 2008年08月05日 20:30
良い写真を撮っていただきありがとうございます。
1カット目のマネギ札は大黒屋さんの軒下ですが、写っているレトロなガラスシェードは、赤沢に電気が通じた大正11年に購入したモノです。
今でも貴重ですが当時はもっと貴重で、壊しちゃいけないってんで、ずっと蔵にしまっておいたそうです。
建物を修復した折に約90年ぶりに文字通り「光が当てられた」のです。
コレは大阪屋の有田焼絵様小便器とともに赤沢宿の近代化遺産であります。
Posted by ヒコベエ at 2008年08月08日 02:14
ヒコベエさま,

> レトロなガラスシェードは…

そうでしたか。とても雰囲気がいいランプシェードだったので撮りましたが,赤沢の歴史を物語る貴重な証人なのですね。何だか感激しました。

大阪屋奥の小便器,こちらのブログの便器の記事に惹かれて,先日じっくり拝見しました(笑)。赤沢の貴重な歴史資産が永く伝えられることを,心から願っております。
また,赤沢に伺いますね。
Posted by ぜんまいねずみ at 2008年08月09日 14:18
こんにちは。

ご報告が遅くなりましたが、
7月末に赤沢宿へお邪魔しました。
「そば処アルプス」でお蕎麦をいただき、
新倉の静岡・糸魚川構造線を見学し・・・。

今回はちょっと駆け足でしたが、
次回はもうちょっとゆっくり、じっくりと
見て回りたいと思っています。

ブログにこちらのサイトもご紹介させて
いただきましたので、
よろしくお願いいたします。

では。
Posted by fanfanfanne at 2008年08月14日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101766181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。