2008年06月12日

どっこい斜蔵

DSCN2287コピー.JPG

 最近の新聞記事によれば、ピサの斜塔を200年前の傾きに戻し、少なくとも300年以上倒れないとのことなので今後も世界の観光名所であり続けるらしい。
それはそれで目出度いことではあるが、ナニ我が早川町にだって「地盤ごと傾いてる土蔵」があるぞ!!ってなもんです。勝手に名付けた「どっこい斜蔵」。
知る限りでも四半世紀はずっとこの状態を保っているのであるから、県や町の名勝指定があってしかるべし・・・・・・・・(アチラさんは築965年高さ55m8層の石造物、地震さえ無けりゃ放っといたって残るわね。)・・・・・・こちとら300年後はたぶんありえない。しかし日本の自然環境は建物に対して過酷であり、人間の意思と力が働かないと残せない宿命にあることを思いつつ「どっこい斜蔵」の健気な立ち姿に拍手を送ろうではありませんか。

posted by ヒコベエ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100325057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。