2008年04月01日

本遠寺さん見学会

鬼平犯科帳シリーズ(その2)
火付盗賊改方長官 「鬼平」こと長谷川平蔵 実は稀代のギャンブル狂であった。 
“鬼平 半か丁”

本遠寺-0.JPG 
 此処は身延町・大野山本遠寺(ほんのんじ)という名刹です。国重要文化財の本堂と鐘楼が5年の歳月をかけた大規模修復工事ももうすぐ完成ということで、仮設床を取り外す直前の3/26「赤沢宿保存会」で研修見学会を行いました。
本遠寺-1.JPG 本遠寺-2.JPG 本遠寺-3.JPG
 こんなに間近に”桧皮葺き”の実際を見る機会なんてもう二度とないよねー。“美しい〜”の一言。
建築のレベルを超えて工芸作品の世界を見ている様です。今は埃を被っているけれど、仮設屋根が外れて、雨に濡れた桧皮葺きの屋根は実に美しいものですよ、と工事事務所の高木所長は言います。梅雨を迎える頃また見に来よう。
 本遠寺は「お萬さま」の菩提寺なんです。日蓮宗以外の方は知らないでしょうけれど、お萬さまと言えば徳川家康の側室であって御三家の水戸・紀州藩祖の母上にして女人禁制だった山岳密教の聖地七面山への登拝信仰の道を開いた女性。早い話が「水戸黄門のおばあちゃん」。
 熱烈な法華信者であったと同時に、当時本山法主であった「日遠上人」に帰依し、幕府の弾圧を受けた日遠のために本遠寺を開いたのだそうです。創建は慶安三年(1650)。本堂と鐘楼だけが創建当時の建物で、棟札記録や高度な建築技術・意匠などから紀州藩の造営によると考えられると言います。
 皆さんも身延のしだれ桜を見にいくなら、是非此処にも立ち寄って見てください。場所はJR身延駅の富士川対岸の平地にあり住宅地の中です。本堂の裏手に瀬戸内産と思われる御影石がふんだんに用いられたお萬さまの立派な墓所があります。背後の山留め石積みも文化財級の立派な造作なので是非お参りして欲しい処です。続きを読む
posted by ヒコベエ at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 近在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。