2008年04月27日

今しか見られない風景

じゃじゃーん 「お宝写真」一挙公開         2枚きりだけど
身延本山DSCN5128-1.JPG
あにがぁ じゃじゃ〜んでい! とお思いでしょうが  何を隠そうコレが実にじゃじゃ〜んなのだ。
畏れ多くも此処は日蓮宗総本山は久遠寺境内!! しかも眼下に祖師堂だかんね!
こりゃあなんぼなんでもなんだっぺよ〜。 バチ当りがぁと思いつつも二度とは撮れないのをパチリ。
ただ今工事中の五重塔の最上層屋根から見た久遠寺全景だもんねぇ。 

三月中旬、身延町みちしるべの会主催の「今しか見られない久遠寺五重塔・内部見学ツアー」に参加。
130年ぶりに再建なる今度の塔は3代目とかで、元和五(1619)創建の初代五重塔を復元建立で総高38.2mだそうな。
江戸時代初期の形式ではあるが、心柱が礎石の上に立つとか側柱と垂木の架構法など構造手法に古式を継承しているらしいのであるが・・・・・・・・ちょっと見たってわがんね。
なにしろ塔を建ててるのは日本の至宝・創立1400年という世界最古の会社「金剛組」のお出まし。
五重塔DSCN5129-1.JPG屋根は銅板の本瓦葺き(風)。元和建立の初代塔婆の屋根は橡(とち)葺きor柾葺きのような板葺き屋根の中でも高級な仕上げだったろうと言うてます。
 漆も大量に使うだろうけど、露出する木部は桧、欅は弁柄と油脂を混ぜた塗料で赤く塗り込めるそうだ。これから最終仕上げ工事にかかるので一般の見学は今回でお仕舞い。
この五重塔は基壇の内部に最新の免震機構を備えているのだけれど、一方では1400年の伝統が築き上げた多層塔木造免震構法があるのであるから、・・・・・その折り合いってのはどうなんだか?
モノの耐久性はステンレス金属といえども木材の方が遥かに永持ちなんだけどねえ。
まっ100年先には判ることですがね
まずは五重塔をスッポリと覆う仮設鞘小屋が取り払われる本年11月の竣工をお楽しみに待たれよ!

みなさん知ってました? 
五重塔ってお釈迦様の遺骨を納める舎利塔、卒塔婆(ストゥーパ)だってこと。
だからむやみやたらに写真を撮っちゃいけないんですよ。塔に向いて心静かに合掌ですから。



付録
火付盗賊改方長官「鬼平」こと長谷川平蔵 実は谷啓の先祖だった。
 鬼平版ガチョ〜ン
posted by ヒコベエ at 01:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 近郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

福寿草その後

08福寿草.JPG
福寿草や節分草が終わり、いよいよ桜の季節到来。・・・・と その前に
開花の時だけワーッと殺到して花の写真を撮りスター扱いだったのに季節が終わると見向きもされない。“身勝手な人間たちよけしからんではないか!” この青々と繁る福寿草を是非写真に!!
という多くの山野草たちの声をお伝えせねば。
今蕎麦処「武蔵屋」の周辺は人参畑のごとく福寿草の葉っぱがそこいらじゅうに生い茂っています、花の一つ一つが種子を結実し来年に向けた繁殖期を迎えているところ。・・・・・・・ちょっと地味すぎるかな〜。これが健康野菜だったら良かったのだが。

 めんく(こ)い三姉妹
DSCN5045コピー.JPG 「武蔵屋」の蕎麦はなぜか子供たちが大好きで、腹こわすんじゃないかと心配するぐらいよく食べます。こりゃあ学校給食のメニュウに混ぜてもろーどぉに。

追伸 
鬼平犯科帳シリーズ(その3)
火付盗賊改方長官 「鬼平」こと長谷川平蔵  実はシャイでおばちゃんたちのアイドルだった。
“鬼平 ハンカチ王”
posted by ヒコベエ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいそば処「武蔵屋」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

本遠寺さん見学会

鬼平犯科帳シリーズ(その2)
火付盗賊改方長官 「鬼平」こと長谷川平蔵 実は稀代のギャンブル狂であった。 
“鬼平 半か丁”

本遠寺-0.JPG 
 此処は身延町・大野山本遠寺(ほんのんじ)という名刹です。国重要文化財の本堂と鐘楼が5年の歳月をかけた大規模修復工事ももうすぐ完成ということで、仮設床を取り外す直前の3/26「赤沢宿保存会」で研修見学会を行いました。
本遠寺-1.JPG 本遠寺-2.JPG 本遠寺-3.JPG
 こんなに間近に”桧皮葺き”の実際を見る機会なんてもう二度とないよねー。“美しい〜”の一言。
建築のレベルを超えて工芸作品の世界を見ている様です。今は埃を被っているけれど、仮設屋根が外れて、雨に濡れた桧皮葺きの屋根は実に美しいものですよ、と工事事務所の高木所長は言います。梅雨を迎える頃また見に来よう。
 本遠寺は「お萬さま」の菩提寺なんです。日蓮宗以外の方は知らないでしょうけれど、お萬さまと言えば徳川家康の側室であって御三家の水戸・紀州藩祖の母上にして女人禁制だった山岳密教の聖地七面山への登拝信仰の道を開いた女性。早い話が「水戸黄門のおばあちゃん」。
 熱烈な法華信者であったと同時に、当時本山法主であった「日遠上人」に帰依し、幕府の弾圧を受けた日遠のために本遠寺を開いたのだそうです。創建は慶安三年(1650)。本堂と鐘楼だけが創建当時の建物で、棟札記録や高度な建築技術・意匠などから紀州藩の造営によると考えられると言います。
 皆さんも身延のしだれ桜を見にいくなら、是非此処にも立ち寄って見てください。場所はJR身延駅の富士川対岸の平地にあり住宅地の中です。本堂の裏手に瀬戸内産と思われる御影石がふんだんに用いられたお萬さまの立派な墓所があります。背後の山留め石積みも文化財級の立派な造作なので是非お参りして欲しい処です。続きを読む
posted by ヒコベエ at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 近在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。