2007年12月30日

柿の実が赤く色付くころ

赤沢紅葉 019コピー.JPG

柿の実が赤く色付くころ 友が逝く
時は流れ 日が去り 
彼は千の風となりしや いずこへ吹かん
想いは牧水歌碑に宿り 七面山のふところに眠る
月が去り 年が行く
萬年橋の下を春木河が流れる
記憶はわれ等が胸に 留まる
posted by ヒコベエ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。