2007年06月27日

またまた便所

[.JPG

久しぶりの記事更新ですが、また便所〜?って・・・・・すんません
平成18年、外便所の保存修復の以前以後を並べてみました。
大方の人は「修理する前の方が良かったんじゃない?」って言うだろうな、たぶん。
見る人に、写真を撮ろうとかスケッチしようという心持ちにさせるのは、滅びゆく民家の風景に郷愁の美学を見出すからかもしれない。
まあ、新材の妙なケバイ感じもあと10年も経てば風景に馴染むでしょうから、暫時お待ち下され。

 当便所を解体してみて感じたのは、建築年代を示すものは見つけられなかったけれど、予想以上に古い建物らしいということです。
屋根上部構造は幾度も修理を重ねており、当初材は柱及び下部構造ぐらいしか残っていず。外壁板の栂材はオガ(木挽き鋸)で挽いた厚さ10mmほどの板で、風雨にさらされた外面は灰色に変色し木目もあらわに著しく風化していました。ごく大雑把ですが、硬木材の風喰の量は100年で1mm痩せるといいます。一方、板の裏側は木肌も新しい状態で保存されていました。釘は錆びて効かなくなった洋釘が大量に打ち付けられていた中に和釘が混在して、しかもちゃんと効いていたのです。このことから板壁は遅くとも明治後期の造作、あるいは明治中期頃に遡るものと推定できます。軟い杉板ではこれほど長持ちしません。天然木の地栂ならではと感じ入った次第で、たぶんあと200年ぐらいはもつだろうと思いましたが、諸々の理由から今回の修理では杉板に代えてしまいました(残念!)。・・・・・古板は磨いて保存しています。
posted by ヒコベエ at 20:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 便 所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

御山から見た赤沢集落

赤沢集落-03-0のコピー.jpg
空撮写真かと見間違えるほど平坦な景色の赤沢集落ですが、これ下り斜面の集落を手前側から斜めに見下ろした写真です。春木川対岸にそびえる七面山中腹は表参道36丁目「晴雲坊」(標高1350m)辺りで撮ったような?・・・・もう一寸上の40丁目辺りだったか・・・・・H8年9月「御会式」の時だから11年前になりますか。以来一度も七面山にお参りしてないんですねえ。
七面山というのはたいへん霊力の強い御山だと言われていまして、ご利益を期待してとか、ヨコシマな心持ちの人間が登ると40丁目辺りで動けなくなってしまうんだそうです。そこへいくと、品行方正澄んだ清らかな心根のワタシなんざ、御山の方からおいでおいでしてるが判るんでございますよ。しかしあいにくギックリ腰がねえ、いやまったく残念でなりませぬ。
posted by ヒコベエ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然環境と景観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

檻に入れられた犯罪者たち?

DSCN2077振動台.JPG
「不法侵入で検挙され檻に入れられた犯罪者たち」という構図ですが、コレ実際起きた地震動を三次元で再現するという優れもの振動台なのです。
先月の5/26に体験してきました。
この日は、直近に起きた大地震「1995年兵庫県南部地震、2004年新潟中越地震、2007年能登半島地震」という異なった三タイプの地震を振動台に乗り体験しました。
新潟中越地震における東西方向の最大変位29cmというのは、体感では左右に1mぐらいゆすぶられたように感じ、振動台の再現性能を超えており、この時の地震加速度898gal(cm/sec2)はというと・・・・・・

Scan1.JPG
両手で鉄柵をしっかり握って、床にへたり込んで、さあ来るぞっ!
と待ち構えていたところへいきなりものすごい衝撃が襲い掛かかってきたので、それに吹っ飛ばされまいと必死に柵を握っていただけでした。
これが日常の生活にいきなり起きたら・・・・・
逃げるどころか手近に支えがあったとしても、なすすべが無いなぁというのが実感です。
“背後からいきなり突き飛ばされた”といったような感覚じゃなく、被災した方々の誰かが発した“地球が壊れる”という言葉の感覚を少しだけ実感できた気がします。
わずか10秒余の地震の衝撃だけど、人間の体と心をクラッシュさせるに充分です。

大勢の人が体験できればいいと思うのですが、本来がかつての住宅公団、今UR都市機構・都市住宅技術研究所の実験装置であり、年に2日間だけ一般公開する目玉イベントだったのです。
掲載の地震資料は同研究所作成配布したものです。
posted by ヒコベエ at 17:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。