2011年09月04日

2011年06月26日

森の淑女発見

DSCN0556縮小版1.JPG DSCN0530縮小版2.JPG
オモテ               ウラ
赤沢宿では、例年とおりの5月下旬からモリアオガエルの産卵がはじまりました。
                
DSCN0549縮小版3.JPG DSCN0551縮小版4.JPG 
朝から夜遅くまで「コッコッコッコッ・・・・・・コッコッコッコッ・・・・・・」鶏が餌をついばむ鳴声によく似た声で鳴いてます。

 DSCN0547縮小版5.JPG DSCN0554縮小版6.JPG
声はすれども姿は見えぬ、ほんにオマエは屁のような・・・・・・モリアオガエルを間近にみる機会というのはそれほど多くないのです。
そぼ降る雨の夜、アスファルト路上に超然とたたずみ哲学する風な彼女?を誘拐し お連れ申し上げ写真のモデルをお願いしました。
posted by ヒコベエ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

2011.1/20福寿草は今

2011.1.20福寿草.JPG

今冬はめちゃくちゃ寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか。
大寒を迎えた今朝は格別です。
昼近く日差しの暖かさが感じられてほっと一息ついたところで、福寿草は今どんな按配だろうか?
と、陽だまりの枯葉の下を探ってみると、ありました
今年も元気に芽吹いています。
もうしばらくそっと寝かせてあげましょう。
posted by ヒコベエ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

フクジュソウ・セツブンソウナカヨクサイタ

09福寿草-1.JPG  09福寿草.JPG
2月1日の撮影ですが、早いところでは1月29日頃には咲き始めたようです。昨年も開花が早かったけれど今年もはやいですねぇ。・・・・・・・・・でもってなぜ2週間遅れの発表かって?
この時期は春の陽射しを受けてあちらこちらで花芽がぐんぐん成長してるんです。
そこにカメラ愛好家が大挙して集まってくると、場所取り競争に夢中になっちゃうんでしょうか?
接写レンズのファインダーに集中するあまり地面に腹ばいになったりするんですから。
貴方の靴の裏や体の下でセツブンソウやフクジュソウが踏みにじられているんですよ〜〜。
だもんで、およそ一面に咲き揃った本日この頃なら広報してもよろしかろうと思いましてんあしからず。

 「私はそんな非常識なことはしません」ナ〜ンておっしゃる貴方!貴方が要注意なんですよ。
車のステアリングとかカメラを持ったりすると、人間かんたんに変貌するんですから。

まっ あれですねぇ 時が時だけに
せっかく赤沢に来たなら、蕎麦でもたぐりながら周囲の景色を愛でる余裕と言いますか、
ゆったりと時の流れを楽しんで欲しいです。
 フクジュソウとセツブンソウは3月初旬まで見ることができます。ごゆっくりどうぞ。
posted by ヒコベエ at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

続続続続・便所

福田屋便所-1.JPG  DSCN0970福田便所-2.JPG

新年おめでとうございます。
本年も皆様方に「赤沢宿よいしょっと」をご愛読いただきますよう担当者ども一同精進を重ね、
途中ほったらかしの休眠状態など無きよう、よってたかってご紹介していく所存であります。
 2009年、あまたのリクエストに答えるべく取り出したる"特集便所記事”
年頭に運が付くという誠にかぐわしい ふさわしい話題を!!

今まで紹介した赤沢の便所はすべて木軸組板壁造りでしたが、唯一の例外としてH家の外便所をご案内します。便所建物の規模・間取りは他家とほぼ同じで、板床の踏込みと大便所二口の「二戸一宇」という形式ですが、向こう側妻壁に浴室を増築してあるのが他家と違う点です。

続きは次回をお楽しみに

posted by ヒコベエ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 便 所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

若ぇ衆(わけぇし)の笑顔はうつるんです。

PC260024-2.JPG

 この冬一番寒〜い日の昼下がり。南アルプスプラザの暖炉にへばりついていると、いきなりにぎやかな声とともにホッペタを真っ赤っかに染めた若ぇ衆がワッと入ってきました。
今日はプラザで昼食会。若ぇ衆たちみんなの笑顔からうれしそうなワクワク感が伝わってきて、周りのおじさんたちにも思わずもらい笑みがこぼれます。若ぇ衆の笑顔はうつるんです。
いっぺんに店内が明るくなったようです。
 見ると保育士せんせいは世にも珍しいネンネコ半纏姿!。まあるい背中を覗き込むと、ぐっすり眠り込んだまん丸顔、やっぱりホッペが真っ赤っか・・・・・・・ちょっと指で突っついてみようか・・・・・・あっ動いた。
しかし起きる気配は微塵もなしっ・・・・・・・・この世の幸せを独り占めしてるような寝顔です。
 
 なんだかこういう光景に出会えるってうれしいもんですねぇ。
明日から冬休みだそうです。♪♪もうい〜くつ寝るとお正月〜♪♪・・・・・・・・・・・・・・あっ あと2時間でお正月

振り返れば記事掲載を半年もサボってしまいましたが、歳の仕舞に帳尻を合わせたかっこうで申し訳ありません。みなさま良い正月をお迎えくださいませ。
来年も倍旧のご厚情を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
posted by ヒコベエ at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

只今修理中

DSCN5593コピー.JPG     妙福寺破風-0.JPG
只今妙福寺本堂の屋根葺き替え修理中です。
永年の懸案だった本堂の修理がやっと実現し、昨年今年と二年がかりで工事を行っています。


posted by ヒコベエ at 01:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

まっくろくろすけが出たっ!

甲斐犬-1.JPG   甲斐犬-2.JPG
お寺の裏で車から降りたとたん、向うから4匹の「まっくろくろすけ」が転がってくるではあーりませんか。
ヤヤッ!ナンデアルか愛デアルか、犬ッコロデアル。
 ヨシッ撮ったるぞぉとカメラを構えるが、もはや旧式のマイ・コンデジのオートフォーカスでは、全く落着きなくはしゃぎまわる連中が画面に収まらない。
しかたない、片手をヒラヒラさせて4匹をおびきよせようとしたところ四匹が一斉にハグハグッベロベロッのヨダレ攻撃である。
ありゃりゃという間に手もカメラもベトベトにされてしまったのだった。
しかし、自分のケツやマタグラを甞めたその舌でベロベロやられてもなー。
・・・・・・・・・可愛いから許したる。
 あの犬特有の体臭を嗅ぐと条件反射のようにヨダレがあふれ出てきちゃうんだわね。
子供のころ犬小屋で寝てたもんなー、愛犬ジョンとは兄弟同様の生活してたし、飼い犬というより犬に飼われてた子供だったしな〜。

 ところでこの仔犬たちは甲斐犬の雑種で生後2ヶ月、自由に伸び伸びと良い環境の下で育っていますが、二年後には鹿を捕らえ猪と戦う戦士になろうってんだから侮りがたい「お犬さまたち」なんです。
写真を撮った翌日には毛足の長い2匹が南部町にもらわれて行ってしまいました。
ちょっと残念です。
飼い主のカズオ先生は残った雄雌2匹に「カンス」「シイラ」と名前を付けました。
シイラカンスのように長命を願って命名したそうですが・・・・・・いかがなものか - と。

posted by ヒコベエ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

どっこい斜蔵

DSCN2287コピー.JPG

 最近の新聞記事によれば、ピサの斜塔を200年前の傾きに戻し、少なくとも300年以上倒れないとのことなので今後も世界の観光名所であり続けるらしい。
それはそれで目出度いことではあるが、ナニ我が早川町にだって「地盤ごと傾いてる土蔵」があるぞ!!ってなもんです。勝手に名付けた「どっこい斜蔵」。
知る限りでも四半世紀はずっとこの状態を保っているのであるから、県や町の名勝指定があってしかるべし・・・・・・・・(アチラさんは築965年高さ55m8層の石造物、地震さえ無けりゃ放っといたって残るわね。)・・・・・・こちとら300年後はたぶんありえない。しかし日本の自然環境は建物に対して過酷であり、人間の意思と力が働かないと残せない宿命にあることを思いつつ「どっこい斜蔵」の健気な立ち姿に拍手を送ろうではありませんか。

posted by ヒコベエ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 町並みと建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

早川山菜祭り

五月三日は節句ぢゃなくて「はやかわ山菜まつり」だ 祭りだ いっちょうしい。
会場:早川中学校グラウンド(早川渓谷沿いに県道をどんどん登って行けば判ります。出遅れると会場付近は大渋滞になります。しかもお目当ての山菜は売り切れちゃいますからお早めに!)
早川山桜.jpg
4/12早川町は新緑より早く山腹にポッポッポッと淡いピンクの山桜が現れると・・・・・豊穣の春です。

う〜〜〜〜ン かなり時期を逸してしまったか。


  ところで 赤沢の蕎麦屋 おかげさまで7月に開業3周年を迎えることができます。   
山菜祭りの帰途に是非赤沢宿にお立ち寄りくださいませ。
7人おばば衆おねい様方になり代わり御願い申し上げます。

posted by ヒコベエ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。